にんにく玉ゴールドはなぜソフトカプセルじゃないの?

にんにく玉ゴールド

 

にんにく玉ゴールドの外見は、画像の通り、まさにんにく玉と言わんばかりの丸粒の形状です。

 

サプリマニアの私は、他にもにんにく卵黄サプリを試したことがあります。

 

今までのはニンニク卵黄サプリは、カプセル状でしたので、にんにく玉ゴールドを最初見た時は「おや!」と思いました。

 

 

カプセルだといかにもサプリという感じですが、にんにく玉ゴールドは言葉悪いですが、手抜きをしているように感じたのです。

 

本当に効き目があるんだろうか?

 

...

 

しかし、それは私の飛んだ間違いだったのです。

 

にんにくサプリはなぜカプセルタイプが多いのか?

 

にんにく卵黄サプリはカプセル状のものが多いですね。

 

これにも理由があるんです。

 

にんにく玉ゴールド

 

それはニンニクの臭いです。

 

 

カプセルで包んでしまえば、臭いなど気になりませんね。

 

にんにくが苦手な人でも飲むことができます。

 

 

それとカプセルにすることで得られる大きな利点がもう1つあります。

 

にんにく玉ゴールド

 

それは低コストで製造できることです。

 

 

にんにくのような扱いづらい素材、特徴的な素材でも、
お金と時間のかかる工程を踏むことなく、製造可能というわけです。

 

どんな素材でも粉末状にしてカプセルに詰めればいいのです。

 

粉末状にすることで、ニンニクの臭いも蒸散緩和させることもできます。

 

製造業者からすれば、カプセルサプリはまさに利のかなった方法なのです。

 

にんにく卵黄サプリにカプセルタイプが多いのはこのためだったんです。

 

 

【ではなぜ、にんにく玉ゴールドはカプセルではないのか?】

 

それはにんにく玉ゴールドのメーカー様のこだわり、製造理念にあります。

 

こだわりの内容とは、にんにく卵黄の効果を最大限に発揮するには、粉末状にしてはならないというものです。

 

粉末にするとは、素材の外面積が広がることですね。

 

それだけ空気と触れる部分が大きくなり、乾燥し、臭いを蒸散させることができますが、他の有効成分まで蒸散してしまうのです。

 

 

その臭い成分・アリシンこそニンニクパワーの源でもあるんです。

 

アリシンは揮発性の高い成分です。

 

蒸発しながら他の様々な成分と結びついて新たな有効成分に変わっていく特徴があります。

 

 

その特徴を発揮させるには、生のにんにくを卵黄と混ぜた後、加熱することが必要なんです。

 

粉末状になり、乾燥させてしまっては、にんにくの有効性が損なわれてしまうことをご理解いただけたでしょうか?

 

 

カプセルタイプでない..

 

にんにくと卵黄を煮詰めて丸めただけ..

 

と軽視しがちな特徴ですが、実はこだわりのある、手のかかる製造方法なんですね。

 

 

口コミレビューなどを見ますと、

 

「今まで試してきたにんにく卵黄サプリのなかで、
一番効果を感じられた..」

 

という口コミが多く見られます。

 

効果の違いの理由は、今回説明した通り、明白にあるのです。

 

>>次ページ・ニンニク玉ゴールドと相性抜群のビタミンとは?

 

にんにく玉ゴールドのお買い得情報は→こちら。