にんにく玉ゴールドのアレルギー症状とは?

にんにく玉ゴールド,アレルギー

 

にんにく玉ゴールド販売メーカーの説明書によると、1日のおすすめ用量は、4錠です。

 

いつ飲むか、数回に分けて飲むか、1度に4錠飲むかは、個人の好みで構いません。

 

おすすめなのは、お食事前後に飲むことです。

 

 

なぜなら、食事で摂取する栄養素(特にビタミンB1)と一緒にニンニクの成分を摂ることはとても有益なことだからです。

 

 

元気の源であるビタミンB1。

 

ビタミンB1は消化吸収されにくいという性質があり、体内での貯蔵もできません。

 

しかし、ビタミンB1はにんにくの成分・アリシンと結合することで、体内での吸収率が高まるんです。

 

さらには体内での持続時間もアップし、貯蔵も可能になるんです。

 

 

ビタミンB1とにんにく成分・アリシンが結合してできた成分をアリアチミンといいます。

 

アリアチミン..

 

この響きに覚えがありませんか?

 

アリアチミン..

 

アリアチミン..

 

アリナミン!

 

そうです、あの有名な人気栄養ドリンクの名前は、このアリチアミンに由来してるんです。

 

にんにく玉ゴールドを食事と一緒に摂ることで、このアリアチミンを摂ることができるというわけです。

 

 

これは数ある有益ななかのほんの1例に過ぎません。

 

にんにく玉ゴールドはしっかり効果のあるサプリですが、
どんなサプリにもアレルギー症状を起こす方っているものですね。

 

にんにく玉ゴールドはどんなアレルギー症状が起きるのでしょうか?

 

 

にんにく玉ゴールドのアレルギー、注意点

 

にんにく玉ゴールド,アレルギー

 

にんにく玉ゴールドは、おすすめ用量は4錠です。

 

体調が悪い時などは4錠以上飲んでも大丈夫です。

 

特に疲れた時や風邪をひいた時など、ご自身で飲む量を調節、増やしても大丈夫です。

 

しかし、1日10錠以上は飲まないようにした方が良いでしょう。

 

これはメーカーによせられる声、
「胃が荒れた..」「お腹を壊した..」というお客様は、10錠以上飲んでいることケースが多いからです。

 

 

にんにくを摂ることで得る恩恵の1つに強い抗菌、解毒作用があります。

 

しかし、その抗菌作用が強力なため、摂り過ぎると胃腸を壊したりするのです。

 

特に胃腸の弱い人はにんにく玉ゴールドの摂り過ぎに注意しましょう。

 

胃腸に自信のある方も、最初の1ヵ月ぐらいは1日4錠を続けて、その後はご自身で調節するのが良いでしょう。

 

 

また多量(10錠前後)飲む方のなかには、強い眠気を覚える人もいらっしゃるようです。

 

これはニンニク成分・アリシンの強い抗酸化作用によるものだと思われます。

 

アリシンの抗酸化作用は強力で、癌細胞をやっつけるほどなんですが、
同時に、溶血作用もあり、血中のヘモグロビンを破壊してしまうことがあります。

 

ヘモグロビンが減少すると、体中に酸素が行き届かなくなります。

 

その結果、貧血状態となり、眠気に襲われるというわけです。

 

この貧血症状を溶血性貧血といいます。

 

 

これはにんにく玉ゴールドに限らず、生のにんにくについても言えることですが、
摂り過ぎには充分注意しましょう。

 

 

注意点を執筆しながら、にんにくの力が素晴らしいからこそ、摂り過ぎには注意ということがわかりました。

 

適量ならば有益、過ぎると毒になってしまうことってよくありますよね。

 

>>にんにく玉ゴールドがソフトカプセルじゃない理由とは?

 

にんにく玉ゴールドのお買い得情報については→コチラ←で紹介しています。